読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武豊の軌跡

日本が世界に誇る天才「武豊」を応援するサイトです。

【特別編】ブログを1週間続けてみて

雑談

 

f:id:yutaka_take:20161221000129j:image

 

 

 

※この記事は武豊騎手に、何ら関係のない記事です。それでも興味のある方は、↓にスクロールをどうぞ。

 

 

 

まずお詫びから。。。

 

f:id:yutaka_take:20161221000812p:image

 

まず、ここまで見てくれている人に感謝を述べなければいけません。m(_ _)m

 

武豊騎手情報じゃないじゃん!!と思った人も大勢でしょう。いや、違うんです。本当は武豊騎手情報だったんです(泣)武豊騎手が有馬記念に向けて、Numberなども含め、沢山の雑誌や対談で色々語っていますよね。皆さんNumber有馬記念特集買いました?? 

 

もしかしたら、「武豊有馬記念については毎年語ってるし、内容もだいたい同じじゃん。」なんて。。。そこの貴方!それは勿体ない!!!実は自分もちょっと思ってた。

もちろん、オグリキャップディープインパクトの事はさらに新しいことが知れますし、更に、これからのこと。。。キタサンブラックについても語っていますので、600円払う価値がある雑誌だと思います。

 

なんか途中からNumberの広告みたいになってしまいましたが(笑)つまりは、武豊騎手が雑誌やNETで語っている内容軽くピックアップして、皆さんに伝えるという記事を書こうと思っていたんですけど。まぁ、残念ながら僕自身今日忙しくて。。。

 

ROUND1でリールを回すとか。リールを回すとか。(わかる人にはわかる。)

 

まぁ、今日は楽し忙しかった!

すいません、明日から頑張ります。

 

 

 

(約)1週間連続で書いてみて。

 

f:id:yutaka_take:20161221002716j:image

 

 

と、言うわけで無理やり毎日更新という名目を無理やり守るためこの記事を書いています(笑)

なんでそんなに毎日更新に拘るの??と思う方もいるかもしれませんが、これは僕自身の勝手な挑戦です。まぁ、簡単に言いますと、僕性格上、、、今まで継続って言うのをしたことがないんですよ。なので、そんな自分を変えてみたいと、無駄かもしれない毎日更新を心がけています。

 

もちろん、どうしても厳しいなって日は必ず出てくるので仕方ないですが、、、

その日ができる限り遅くなるように頑張ります。(できれば年内までは(笑))

 

 

 

 

 

武豊の軌跡】の反響

 

f:id:yutaka_take:20161221004000p:image

 ↑の画像は、管理人だけが見えるどのくらいこのブログが見られているかを示すグラフなんですけど、見て頂ければ分かる通り、なんと、もうすぐ5000pvに手が届きそうなんです(゚ロ゚)  

 

僕自身としては、1日100くらい見てくれればいいなぁ。なんて思っていましたから、もうこれだけでお腹いっぱい(笑)ありがたいなぁ〜と思うとともに、武豊の存在というのは凄まじいと、感じる今日この頃。

こんな、まだチンケな記事しかかけないブログに、武豊情報求めてアクセスしてくる人がいるわけですから、皆さん、どれだけ武豊に飢えてんだと(笑)

 

みんな、武豊の情報を求めている、けど、その情報の供給量は、需要に比べて少ないんだ。それは本当にこの1週間ブログを続けてみて、すごく良くわかりました。

 

 

 

 

 

 

そして、続ける大変さ。 

 

ブログを1週間してみて分かったことは主に2つあります。武豊のすごさを再確認したこと。そして、人気ブロガーてすげぇ。。。 

 

ブログの記事って、皆さん、何分くらいで見ます??大体、量にももちろんよりますが、2.3分ではないでしょうか?? しかし、書いてみてわかりました。2.3分の記事、書いたら2時間かかるということが(๑•﹏•)

もちろん、自分が遅すぎるっていうのはあります。にしても、想像以上にキツかったです。  

 

まぁ、何がキツイっていうの色々ありすぎて、長くなりすぎるので今日はもう書ける気しないし、ここで終わります(笑)またいつか、ブログをしてて大変だなみたいな記事を、「今日は何もネタがないなぁ〜」て時にいつか書くと思いますので、その時にまた。(需要は知らない)

 

※僕は、記事を公開した後に、また2.3回は記事を編集しています。もう見たよって、記事も、もう1回見たら変わっていたりするかも??

 

 

 

 

この武豊の軌跡に少しで足を踏み入れてくれた方すべてに感謝します。。。

拙いブログではございますが、これからもどうぞ宜しくお願いします。